2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.15「ツィーグラー 耳から学ぶピアノ教本」

今日の教材は、「ツィーグラー 耳から学ぶピアノ教本」です。








ベアタ・ツィーグラーについてはこちら↓

※日本ベアタ・ツィーグラー協会 ホームページ
http://www12.ocn.ne.jp/~yukino/j_ziegler.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この教材の第一目標は、

「『耳でまなぶピアノ』の原理により、ピアノ奏法に必要な技術を体得させる」

ことにあります。



一番の特徴は「魂の耳で奏でるピアノ奏法」という言葉にも表れているように、


「テクニックの練習の際は、常に鋭敏な耳でもって聴く」


というスタンスを貫いているところです。



純粋な響き、美しい響きは、音の奥底に潜む「核」を捉えることで得られる、
とし、常に音を意識的に聴き、鍵盤に触れることを徹底しています。



また、この教本での練習曲は次の3つの基本動作を提示しています。


【1】スウィング動作

【2】ローリング動作

【3】横ゆれ動作



これらの基本動作をマスターすることで、困難なパッセージにも対応できる
テクニックがつくとしています。


また、腕の軽さを意識することを重視しており、余計な硬直や緊張から解き放
たれた状態で弾くことで、正しい演奏法が可能となるとしています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■3つの動作で脱力を学ぶ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この練習曲の教本は、ツィーグラー自身も述べているように、
初心者を対象としたものではありません。


2,3年ピアノを学習した人を対象にしたものであり、また「耳でまなぶピアノ」
を知らない人、筋肉の弛緩を得られない人も対象としています。



ですからこの教本は、

「筋肉の弛緩」

を体得するためのものと言っても良いと思います。



また、この「筋肉の弛緩」を体得すれば「音の核」が完全に響くものとなる、

とツィーグラーは言います。



「ツィーグラーの自然なピアノ奏法」にある3つの基本動作について、
私なりに解釈し、この教本の課題を練習するときの注意点として記します。



◆「スウィング動作」

上下に動く、腕や手首の自然な動作。
同音連打による練習課題は、「音の核」をつかむように腕を楽にし、
「指先の感覚」を鋭敏にし、さらに耳をすまして、美しい響きでさらう。


◆「ローリング動作」

腕や手首を円を描くように自然にまわすこと。
あらゆるフレーズは、自然なローリングによって表現できる。
鍵盤には滑るように弾きはじる。
ここでも自然に力が抜けた体の状態が必須である。


◆「横ゆれ動作」

手首を中心とした左右の揺れによる動作のこと。
ちょうど「ドアノブを回す」ときのような感じだろうか。
この練習により、左手のアルベルティバスや、
旋律的トレモロも軽快に演奏が可能になる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■基本データ
音楽之友社  1995円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Copyright(c)2010 Takuhiro TO All Rights Reserved.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lilamusica.blog9.fc2.com/tb.php/15-02f8d80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

vol.16「メトードローズ・ピアノ教本 幼児用」 «  | BLOG TOP |  » vol.14「ミッキーといっしょ おとの絵本1 このおとなあに?」

プロフィール

ピアノ教室コンサルタント

Author:ピアノ教室コンサルタント
ご訪問ありがとうございます。
ピアノ教室コンサルタントの藤 拓弘です。

※弊社サイトはこちら↓
リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング


この教本ブログでは、「ピアノ教本・ピアノ教材」を一冊ずつご紹介しています。

私もピアノ講師として、ピアノ教本選びの大切さを痛感しています。

「ピアノを好きになってもらいたい」という気持ちが、私の原動力となり、「ピアノ教本・教材研究」を続ける力となっています。

また、教本研究は、著者の先生の、「レスナーとしての素晴らしい技術を学ぶこと」にもつながります。

皆さんと「ワンランク上のレスナー」を目指すブログを目指したいと思っています。

※最新の教材研究をお読みになりたい方は、↓
「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」
を合わせてお読みください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
導入教材 (10)
テクニック (4)
曲集 (0)
ソルフェージュ教材 (3)
ポリフォニー教材 (1)
大人の教材 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。