2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.17「すくすくミュージックすくーる リズムの学校1」

いつもこのブログをお読みいただきありがとうございます。
リーラムジカ ピアノ教室コンサルティングの藤 拓弘です。


今日の教材は「すくすくミュージックすくーる リズムの学校 1」です。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この教材の第一目標は、

「動物の鳴き声で、音符を学び、重みや長さのイメージを育てる」

というところにあるでしょう。


例を挙げてみましょう。


●8分音符⇒ねずみの「ちゅちゅ」
●4分音符⇒犬の「わん」
●2分音符⇒牛の「もお」
●付点2分音符⇒馬の「ひひん」
●全音符⇒ゾウの「ぱああお」



■ここでのポイント■

音価が小さいものは、体の小さい動物、
音価が大きいものは、ゾウのような大きい動物で表し、
音符の長さを、動物の大きさで示すことによって分かりやすくしている。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆(2)動物たちとリズムを楽しく学ぶ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これはリズムの勉強の教材で、純然たるピアノ教本ではないですが、
ソルフェージュの導入に良い教材だと思います。


ピアノ教育の最初期の子供(2才~3才)の導入として
使用するのがベストではないかと思います。


著者の江口先生が、

「これまでの常識をぬぎすてた、画期的なテキストです」

と述べているように、動物を例に挙げることで、音符の長さをイメージに
よって学習させるメソッドは、確かに今までにない発想だと思います。


これは面白い発想です。


音符を初めて勉強する子供たちは、楽しい動物のイラストや、
鳴き声で楽しく遊ぶことで、興味を持って勉強します。



また8分音符2個で「ちゅちゅ」と読ませる発想はさすが。


これにより「8分音符2個で、4分音符ひとつと同じなんだ」ということが
感覚ですぐに理解できるようになります。


音が短いことから、小さいねずみをチョイスしたところも、
子どもたちの創造力を考慮した選択なのでしょう。



日本のピアノ教本にはめずらしく、冒頭に英語による解説がついています。
(他にも、湯山昭さんの教本に英語の解説があります)


外国の子どもたちにも使用できるように、との配慮でしょう。


イラストも可愛くてとても良いです。


少し残念なのは、イラストの動物の表情(泣き、笑い、怒り)が、
ゲームに関係していないところが部分があるところですかね。


付点2分音符が「ひひん」全音符が「ぱああお」と言わせるのは、
わずかに無理があるかな、という感じがしますが、やってみると
なかなかどうして、子どもたちは楽しく勉強します。



幼児にはかなり楽しい教材になっているので、コピーを渡して、
自宅でお母さんと遊びながら勉強するというのも良い方法です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■基本データ
全音楽譜出版社  945円(税込)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『すくすくミュージックすくーる リズムの学校 1 』 江口寿子・著
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4111782655/lilamusica-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyrigt(c)2010 Takuhiro TO All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lilamusica.blog9.fc2.com/tb.php/17-9724c5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

vol.18「クラーク・ピアノ教本 1」 «  | BLOG TOP |  » vol.16「メトードローズ・ピアノ教本 幼児用」

プロフィール

ピアノ教室コンサルタント

Author:ピアノ教室コンサルタント
ご訪問ありがとうございます。
ピアノ教室コンサルタントの藤 拓弘です。

※弊社サイトはこちら↓
リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング


この教本ブログでは、「ピアノ教本・ピアノ教材」を一冊ずつご紹介しています。

私もピアノ講師として、ピアノ教本選びの大切さを痛感しています。

「ピアノを好きになってもらいたい」という気持ちが、私の原動力となり、「ピアノ教本・教材研究」を続ける力となっています。

また、教本研究は、著者の先生の、「レスナーとしての素晴らしい技術を学ぶこと」にもつながります。

皆さんと「ワンランク上のレスナー」を目指すブログを目指したいと思っています。

※最新の教材研究をお読みになりたい方は、↓
「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」
を合わせてお読みください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
導入教材 (10)
テクニック (4)
曲集 (0)
ソルフェージュ教材 (3)
ポリフォニー教材 (1)
大人の教材 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。