2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.9 「幼児のうたと音感」

今日の1冊は、遠藤蓉子先生の「幼児のうたと音感」です。
(画像は2巻のものです)





遠藤先生の教材で、レッスンをされている先生方も多いでしょうね。
私もその一人です。


遠藤先生の教材は、先生のあたたかいお気持ちが入っているようで、
子どもたちにも、とても人気があります。



「はじめに」にもありますが、この教材は、楽しく遊びの形をとりながら、
幼児の音感を育成するための教本です。

きちんと音程の取るための、「良い耳」を作ること、
ドレミなどの音名を習得するよりも、音と音の関係(音程)
を聞き分けられるような耳を育てることを最重要課題としています。


「おうたあそび」

「なきごえあそび」

「おんかんあそび」

の、「4ページを1セット」として、先生と歌いながら
楽しく勉強できるカリキュラムとなっています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今日のチェックポイント◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この教材の第一目標は、冒頭でも書きましたように、

「きちんとした音程のとれる良い耳を作る」

というところにあります。



その目標達成のために、「おうたあそび」「なきごえあそび」「おんかんあそび」
の4ページを1セットとして勉強します。



各学習をご説明致しますね。


■「おうたあそび」→子どもが知っている曲をとりあげている。知らない曲は丁寧に教える。
            歌を覚えてから先生と一緒に踊ったり、手遊びをする。
            歌う→踊り→模唱をゆっくりで良いので確実に仕上げるようにする。


■「なきごえあそび」→リズムの聴き取りの勉強。カードのなき声を先生の真似をして練習。
             先生が出したカードを自分の手を打ちながら言えるようにする。


■「おんかんあそび」→2つのカードの音程を覚えてカードを当てる。ドレミの音名に
              こだわるよりも、きちんと音程を聴きわけることが大事である。



また、可愛いイラストにより、ビジュアル的にもお子さんが
楽しく音楽を勉強できるでしょう。


イラストは塗り絵としても使用できることから、
綺麗に塗って楽しいオリジナルの教材に仕立てることも可能です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆子供と一緒に楽しく学べる教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この教材は、2、3才のお子さんに適しているでしょう。


「おんかんあそび」のところは、ただ単音で「ドレド」のようにやらずに、
講師が旋律に簡単なコードを付けることで、和音の響きの中で覚えさせたいものです。


また、おどりの指導は、是非やらせたいものです。

子どもは体を動かすことが大好きですから、単調になりがちなレッスンに、
ちょっとしたアクセントとして、踊りを入れてあげたら、子どもたちも
楽しくなり、意欲も湧いてくるでしょう。


ですが、中には体を動かすことを、恥ずかしがってやらないお子さんもいます。


そういう子には無理にやらせることなく、少しずつ出来る範囲で
楽しんでやるのが良いでしょう。


うたを歌うことで、音感が自然と身につくようなシステム
なっているので、講師は、率先して大きな声でうたってあげたいものです。


講師ははっきり歌ってあげることで、子どもも心配することなく元気に
歌うことができます。弾き歌いのテクニックは必須ですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■基本データ
サーベル社  \1260(税込)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〈お知らせ〉
現在、メールマガジン「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」にて、
私の日々の教材研究をお届けしています。

毎週水曜日に、メールで最新の教材研究が届きます。
ご興味がおありでしたら、ぜひご登録してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(c)2009 Takuhiro TO All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lilamusica.blog9.fc2.com/tb.php/9-bedd9432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

vol.10「おとなのための ピアノテクニック 1~2」 «  | BLOG TOP |  » vol.8 「バッハへの道」

プロフィール

ピアノ教室コンサルタント

Author:ピアノ教室コンサルタント
ご訪問ありがとうございます。
ピアノ教室コンサルタントの藤 拓弘です。

※弊社サイトはこちら↓
リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング


この教本ブログでは、「ピアノ教本・ピアノ教材」を一冊ずつご紹介しています。

私もピアノ講師として、ピアノ教本選びの大切さを痛感しています。

「ピアノを好きになってもらいたい」という気持ちが、私の原動力となり、「ピアノ教本・教材研究」を続ける力となっています。

また、教本研究は、著者の先生の、「レスナーとしての素晴らしい技術を学ぶこと」にもつながります。

皆さんと「ワンランク上のレスナー」を目指すブログを目指したいと思っています。

※最新の教材研究をお読みになりたい方は、↓
「1冊3分で分かる!ピアノ教本マガジン」
を合わせてお読みください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
導入教材 (10)
テクニック (4)
曲集 (0)
ソルフェージュ教材 (3)
ポリフォニー教材 (1)
大人の教材 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。